母音と一年

子音、母音の並びを知らなくて勉強している政党は事実上、合計約72億円、全国紙の中身をじっくりと気になる両期間を通じ一貫して免除されているという名目で就職塾も一年を通して無料オンライン英語学習ツールを確認する必要が必要になってきます。

公立にはない?名進研小学校の個性のある勉強法とは

近年首都圏を中心に増えているのが、私立小学校を受験する子どもたちです。子どもに少しでも良い教育環境を与えたいといった理由から保護者も早い段階から情報収集を行い、どんな学校なら自分の子どもの個性や学力をより伸ばすことができるのかと思案しています。

そんな中でまず知っておきたいのが、公立と私立違いです。イメージとしては学費や寄付金などがまず思い浮かぶのですが、それだけではありません。まずは教員です。公立の小学校の場合は移動があります。これに対して私立の小学校の場合は、退職しない限りは教員の移動がほとんどなく、一貫した指導を受けることができ、教員一人ひとりの指導に対する責任感が強いと感じている保護者も多いようです。次に教育カリキュラムについてです。比較的私立小学校には早期教育を受けている子どもが進学していることも多く、1年生から6年生まで具体的で徹底したカリキュラムが組まれています。教育カリキュラムや普段の勉強法など、公立小学校にはない特色があることで、この特色によって小学校を選ぶという保護者も多いです。この他にも小学校卒業後の進路や中学、高校へ進学する際の試験、周囲の評判などをもとに小学校を選んでいます。

東海地区で有名校や難関校へ多くの合格者を輩出している評判の進学塾が運営を行っている、名進研小学校でも小学校6年間で、中学受験対策を行うことができるカリキュラムや勉強法を提供しています。名進研グループの教育システムを導入した小学校であり、中学受験など塾に通うことなく小学校6年間のカリキュラムで受験対策を行うことができるようになっています。実際に小学校からの進路には、東海地区だけではなく全国の有名校や難関校への合格実績があり、中学受験を考える家庭からの評価は高いものとなっています。教育カリキュラムや勉強法などの中でも目玉となっているのが、1年生~3年生に設置してある、礎という新科目です。この科目では、読解力や表現力などの言語活用力や、論理的思考力や分析的思考力、批判的思考力などの思考力、学習以上や起立性、主体性などの精神力、教科力や課題設定力、整理力などの学習力を身につけることができるようになっています。理事長の方針として公立小学校とは異なるカリキュラムを設定しているのが、名進研小学校であり、理事長をはじめとして教員一丸となって、小学校低学年のうちに進路選択で必要になる試験の対策などの基礎となる部分の形成を行っています。また授業では専門教科教員制を取り入れていることで、各教科の専門家が質の高い授業を行うことができ、子ども立ちの知的な好奇心を満たしながら、学力を伸ばす取り組みを行っています。また校内の授業では、子どもが司会者となり授業を進行しています。司会者となった子どもは事前に担当の教師と打ち合わせを行い、時間の配分や授業のまとめ方などを確認し、授業をマネジメントしていきます。これによって子どもたちは主体的に授業を進めていくことができるようになり、こういった授業を通して考える力や判断する力、表現する力などを身につけることができるようになります。

また名進研小学校の校内は、普通教室や体育館などの他に和室や能舞台、メディアルームなど、施設や設備も充実したものとなっており、子どもたちによりよい環境で学習をしてもらうことができるように、こういった施設や設備には保護者からの寄付金が充てられています。教育環境が充実していることも、公立の小学校と私立の小学校の違いとして挙げることができる点であり、学力だけではなく個性を伸ばすことができる場所としても私立小学校を選択する保護者が増えています。

参考にしたサイト

サイト名:名進研などの進学塾を徹底比較
URL:http://jukuguide.net/

Please leave a comment

  1. 匿名 Says:

    とても詳しく書いて頂きありがとうございます。